ホーム » 保育園や公立病院が行っている児童向けサービス

保育園や公立病院が行っている児童向けサービス

保育園が一番大きなサービスです。

自治体が行う子育て支援て一番大きな事に保育園があります。通常保育園は9:00~16:30までが通常保育の時間帯になります。通常の場合両親が仕事をしている場合が対象となります。仕事が遅くなったり朝早くから勤務する場合には延長保育や早朝保育が認められる場合があります。これらの特別な保育を希望する場合には、市役所や保育園に延長保育の申請書が必要です。認められる場合が多いので、申請する事をお勧めしますよ。

保育園で保育以外に行っているサービス

保育園では保育以外のサービスも行っています。育児の相談支援も行っている保育園がほとんどです。自分の保育園に通っていない場合でも相談に応じています。必要に応じて市役所の児童福祉担当に繋ぐ場合もあります。万が一の場合ですが、虐待の場合などには児童相談所に連絡する場合もあります。児童が自宅でどのような生活をしているか確認する必要がある場合には、保育士が自宅を方面して確認する場合もあります。このように様々なサービスを展開していますよ。

公立病院が行っているサービス

通常の保育園だと病気になった場合には登園が出来なくなります。しかし公立病院だと病児後保育を行っている場合があります。インフルエンザや風邪などの感染症でなければ小児科の医師が登園可能と判断すれば利用が可能となります。保育料ですが通常の保育園と大差ありません。登園可能時間も通常の保育園と変わりありません。万が一保育時間中に体調が悪くなった場合には看護師や医師が常駐しているので、すぐに対応する事が可能ですよ。

シングルマザーの仕事は家事や子育ての時間に配慮した仕事です。契約社員からパート・アルバイト等勤務地で仕事をするものから在宅のように家で行うものがあります。

2018年8月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031