ホーム » 求人広告に書くべきこととは!その三つのポイント

求人広告に書くべきこととは!その三つのポイント

給金などの待遇面を書く

求人広告を出す時にはいくらかの注意点があります。その一つとして、まずは給金があります。待遇をしっかりと書くことが応募してもらうためには必要になります。具体的に給料はいくらなのか、或いは社会保険には加入できるのか、休みはどの程度あるのか、というのを書くわです。これだけで最低限の条件はわかるようになります。後は細かい部分の話し合いをすることになります。面接などで多少変えることもありますから、そこは柔軟にするべきでしょう。

どんな仕事内容であるのか

何の仕事であるのか、というのも大事な表記するポイントです。飲食店です、というような漠然としたことでもよいですが、その中でもどんな仕事をするのかを書くと応募されやすくなります。求められるスキルなども明記しておくとわかりやすいでしょう。求人とは応募する側も緊張しているわけです。得られる情報は多いほうが良いです。抽象的な表現は避けて、出来るだけ具体的な仕事の内容を明記しておけばミスマッチもなくなります。

短期であるのか長期であるのか

短期であるのか、長期の仕事であるのか、或いは雇用形態なども重要になります。正規雇用か非正規雇用か、と言うのもポイントです。試用期間があるならば、それもしっかりと明記しておくべきであるといえます。こうしたことが重要な項目になります。仕事といっても一年間の契約、ということもあるわけです。これは個人の働き方によって良し悪しが違ってきます。何もすべての人が長期的な仕事を求めているというわけではないからです。

プラントの求人とは自社工場のプラント設備の増強工事等が予定されて居り、人材の補強、強化が必要な場合に新たなプラントエンジニアの募集の形で行われます。

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30